6年生のほっかり

 6日(月)の昼の放送で、6年生がほっかりの発表をしました。

 今日長縄大会がありました。練習でほっかりしたことは、しんのすけさんが足を痛めたときに、れん君やかなる君が、しんのすけ君に声をかけていたことです。本番ではいい記録が出なかったけど、友だちのことを心配するれん君とかなる君はいいなと思いました。  私は、長縄の取組を通して、苦手なことでもがんばる力をつけられました。長縄は引っかかると痛いし、外も寒いのでとても嫌でした。でもみんな本気でやっているので、私もがんばりました。だから、最高記録が出たときはとてもうれしかったです。私にはまだ苦手なことやできないことがたくさんあります。でも、この長縄で我慢してがんばる力が付いたので、苦手でつらいことでもがんばります。たくさん練習してがんばった分、できたときにうれしいので、これからは何にでも一生懸命になりたいです。  
PAGETOP