6年生が見つけたほっかり

 16日(月)、6年生が見つけたほっかりを昼の放送で発表しました。

私は、三学期にあいさつをがんばりたいです。特に地域の人へのあいさつです。登校や下校で地域の人たちにたくさん会います。でもそのときに「おはようございます」と大きな声で言うことができません。帰りも同じようにちゃんと反応することができません。中学ではきっと地域との交流も増え、多くの人と関わります。そんなとき、あいさつは最も重要だと思います。だから、中学に向けて、また卒業に向けて、相手の名前を呼ぶなどあいさつを一工夫し、いろいろな人と交流していきたいです  ほかほかそうじの時、ぼくの班はおしゃべりが多く、そうじに関係ない質問をしてきたり、関係の無い話をしてしまったりするときがあります。でも、そこはきびしく注意をしてあげて、6年生の意識を持つことができました。1年のれおんさんは自分から汚い場所を見つけてそうじしたり、5年生のゆいさんは声をかけたりと、自分だけではなくみんながみんな意識しているんだなあと思いました。
PAGETOP