4年生の見つけたほっかり

 15日(水)の昼の放送で、4年生がほっかりの発表をしました。

 三学期になってからカメ当番の体験をしています。5年生の育て方を見て大変そうだなと思いました。でも5年生は冷たくて手が赤くなっても水槽の中の水をきれいにしたり、えさをやったりしていました。手伝うことは私たちには難しいなと思いました。だけど5年生のまおさんは、一生懸命私たちにやり方や「こうやるといいよ」などのコツをていねいに教えてくれました。私はそんなまおさんにほっかりしました。私も5年生になってカメ当番になったときは、まおさんのようにていねいにカメを育てたいです。そして、今の3年生にもていねいに教えて、ずっとカメを守っていきたいです。  私がありがとうを伝えたい人は、たくさんいます。特に家族や担任の先生、友だちです。なぜかというと、家族はいつも私の面倒を見てくれるからです。担任の先生は私たちにわかりやすく説明してくれます。友だちは一緒に遊んでくれること、友だちになってくれたからです。みんながいるときはとても楽しいです。そしてほっかりがたくさん見つけられます。いつも「遊ぼう」と誘ってくれてありがとう。みんなは、私の大切な存在です。私もみんなから見て、大切な存在になるようにがんばります。
PAGETOP