4年生の見つけたほっかり

 22日(水)の昼の放送で、4年生がほっかりの発表をしました。

  今日、2分の1成人式がありました。最初は、「元気 勇気ちから」でした。次は、「桜の下で」でした。どちらも合唱曲だったので、上手に歌えました。次は、将来の夢の発表でした。自分の番が近づいてくると、すごくきんちょうしました。自分の夢を言い終わった後、少しほっとしました。でもまだ緊張しています。それは私は「10才のありがとう」の伴奏をするからです。冬休みからずっと練習してきたので、自信はありました。本番は無事大きなミスもなく弾けました。それは練習でみんなが私のピアノが止まっても歌い続けてくれたからだと思います。そんなみんなにほっかりしました。   みさき学習発表会の後に、2分の1成人式がありました。最初に「元気勇気ちから」を歌いました。みんな緊張していたけれど、笑顔でしっかり歌っていたのでほっかりしました。二番目に「桜の下で」を歌いました。私は指揮者だったので、とても緊張したけど、のりかさんが「がんばって」とか、じゅりあんさんが「がんばろうね」と言ってくれました。なので、指揮もしっかりできたし、みんなもしっかりきれいな声で歌っていました。三番目に「10才のありがとう」を歌いました。お家の人に、歌で感謝の気持ちが伝わったと思います。最後にお家の人に手紙とメッセージカードを渡しました。10年間の感謝の手紙が渡せたので良かったし、お家の人たちも喜んでくれたので良かったです。これからもよろしくお願いします。
PAGETOP