4年生の授業のほっかり

27日(金)の昼の放送で、4年生の授業を見てのほっかりを6年生が発表しました。

 私は、4年1組の授業を見に行きました。4年生の教室に入ると、道徳の授業で先生の話を聞いているところでした。話を聞いている姿はとても姿勢が良く、誰かが発表しているときも相手を見てしっかり聴いていました。その中でも私が特に真剣に取り組んでいたと思うのは、Sひなさんです。ひなさんは、プリントに意見をまとめた後、進んで手を上げ発表もはっきりと言っていてとてもほっかりしました。このようにとても真剣に取り組んでいましたが、反応を増やすともっといいと思います。5年生に向かって、これからもがんばっていってほしいです。  今日ぼくは下級生の授業を見ていいと思うところがたくさんありました。4年2組のみんなは姿勢がとても良かったです。そして、みんな字がとてもていねいでした。その中でも、ゆうりさんがとてもていねいで見やすかったです。誰かが発表しているとき、反応も大きな声で言っていてすごいと思いました。その中でも、しんやさんは人の方を見て反応していていいと思いました。4年生の授業で学んだことがたくさんありました。自分も良いと思ったことはどんどんまねしたいです。 4年2組の授業を見ました。みんな待っている間や自分の意見を書くときにとても静かでした。発表の時間になったら、みゆさんが一番に手を挙げていたので、立派だなと思いました。また、反応もほぼ全員がしていたので、私もまねしたいと思いました。もうすぐ高学年の仲間入りをする4年生。さすがだと思いました。これかも続けていってください。  4年1組では、道徳の授業をやっていました。4の1はすごいなぁーと思ったことがたくさんありました。人が話をしているとき、誰も無駄話をしていないし、「書いて」と言われたらすぐに取りかかるという切り替えがしっかりできていました。それだけでなく、自分から発表したり、発表した人に聞こえる声で反応をしていたりしたのでとてもすごいと思いました。もう4年生は、5年生になる準備ができているんだと思いました。これからも見せてくれた良いところいっぱいの授業を続けていってください。
PAGETOP