2年生と椎名先生の見つけたのほっかり

 10日(金)の昼の放送で、2年生がほっかりの発表をしました。

 私は、自分から声をかけるのが苦手です。でも、みとさんがいっぱい遊んでくれました。とてもうれしかったです。わたしも、みとさんのようにクラスが違っても仲良くして、2年1組のいろんな友だちを作って、いっぱいいろんなことをして遊びたいなって思いました。2年1組のみんなといっぱいしゃべりたいです。  ぼくがありがとうを伝えたい人は、ほかほか班の全員です。どうしてかというと、あきらさんやるかさんは、わからないところを教えてくれるからです。みゆうさんやはるさんは、しっかりやっていない人に注意していいなと思ったからです。えれなさんは、1年生なのに進んで掃除をしているからです。あとちょっとだけど、みんなよろしくね。  6日(月)の朝、さわい天のところで、あいさつ運動をしました。2学期も同じさわい天のところであいさつをしましたが、そのときより大きな声であいさつができているなと思いました。あと、気づいたことがあります。それは班のリーダーが大きな声であいさつをすると、班のみんなも元気よくあいさつができることです。6年生のるいさんは、横断歩道を渡るとき、必ず手を挙げて渡っていました。その姿を見て、るいさんの班は、みんなが手を挙げて渡っていました。今のリーダーがみんなを引っ張ってくれているんだなと思います。4月になると、リーダーが代わる班が多いと思います。今のリーダーのように、来年度のリーダーも元気なあいさつや交通ルールを守って登校してほしいと思います。これで、椎名先生からのお知らせを終わります。
PAGETOP